株式会社つくばグリーンパワープラント

TGPPはバイオマス発電により再生可能エネルギーを供給し、地域エネルギーの未来を創造します

バイオマス発電とは

バイオマス発電とは?

バイオマス発電の仕組み

「バイオマス」とは、動植物等の生物が太陽エネルギーを使って無機物である水と二酸化炭素(CO2)からつくり出した有機性のエネルギー資源のことで、一般に化石燃料を除くものを総称します。そのエネルギー資源を燃焼して発電するしくみを「バイオマス発電」といいます。
「バイオマス発電」に使用される燃料にはいろいろな種類がありますが、大きく3つに分類されます。

バイオマス燃料の種類

廃棄物系バイオマス
廃棄物系バイオマス

通常なら廃棄物として処理されている建築廃材や製材工場残材、家畜排せつ物や食品加工残さなどが廃棄物系バイオマスとして挙げられます。

未利用バイオマス
未利用バイオマス

これまで利用価値が見いだされず使われてこなかったもので、稲わらや麦わらなどの農作物非食用部や間伐材や被害木等の林地残材があります。

資源作物
資源作物

食糧ではなくエネルギー源や製品材料として使うために栽培される作物のことで、サトウキビ・トウモロコシ・ナタネ・ヒマワリなどがあります。

バイオマス発電のメリット

資源エネルギー庁が推進している固定価格買取制度(育エネ)の対象に含まれているバイオマス発電には、様々なメリットや長所があります。単に自然エネルギーであるというだけではなく、他にも魅力的なポイントが挙げられます。

メリット1:自然エネルギーである

メリット01自然エネルギーである

バイオマス発電が注目を集めている最も大きな理由は、自然エネルギー(再生可能エネルギー)であるということです。化石燃料のように二酸化炭素を大量に排出することがなく、処理不能な廃棄物を出さない自然エネルギーは、これからのエネルギーのあり方を考えていく上で欠かせない存在です。

メリット2:カーボンニュートラルである

メリット02カーボンニュートラルである

バイオマスには「カーボンニュートラル」という考え方を適用することができます。簡単に言うと、二酸化炭素の量を増やさないということです。
バイオ燃料は燃料として利用する際に二酸化炭素を排出するのですが、植物が光合成を行う時に取り込んだ分の二酸化炭素しか放出しないため、大気中の二酸化炭素を増加させません。

メリット3:資源の有効活用に繋がる

メリット03資源の有効活用に繋がる

バイオマスの中には、燃料として使われなければ余計なゴミとなってしまうようなものがたくさんあります。例えば「一般家庭の生ゴミ・工場から出る大量の木屑・食品廃材・建築廃材」などが代表例です。これらのゴミを燃料として有効活用することができるというのは、バイオマス発電における大きなメリットであると言えます。

メリット4:安定的に発電することができる

メリット04安定的に発電することができる

再生可能エネルギーの中でも太陽光や風力といった自然環境に左右される電源とは異なり、燃料さえ確保していれば安定した発電量が見込めるため、再生可能エネルギーのベース電源としての活用が期待されています。
もちろんベース電源にするためには燃料を安定的に確保すること、その保管場所等を確保することが課題になります。

TGPPにおけるバイオマス発電

TGPPでは、「ディーゼル」方式のバイオマス発電に特化しております。
菜種・ヒマワリ・パーム油等の油糧や廃食油などを精製した燃料により、ディーゼル発電を行う仕組みです。
「ディーゼル」方式のバイオマス発電は、化石燃料由来の燃料に比べて大気中の二酸化炭素を増加させない「カーボンニュートラル」の特性を持ったバイオ燃料を使った地球にやさしい発電方式です。

TGPPにおけるバイオマス発電